FC2ブログ

今日も、言いたい放題かな・・・

4_1_30.jpg

 本日も、
「基礎英語1」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00000900&tcd
 やりましょう。
round丸い
Here we are.着いたよ。
square四角(正方形)の
↑だんだんとチュンの知らない単語、フレーズが出て来ました。ドリルも間違えてしまいました。・・・早くもピンチです。
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
 は「Rock'n'Roll」の訳から。面白いです。お父さん、素敵です。「Yokosuka」を聞きます。

 本日のブログ用は、
「官僚の落ちこぼれが政治家をやっているような状況で、日本が変わると思いますか?」
「官僚が無策なのではない。いざとなれば増税で何とかしてしまう風潮が日本にはびこっているとしたら、予算分捕り以外のことに、官僚が知恵を使うと思いますか?」
 という2つのスローガンを、、
控え
http://blogs.yahoo.co.jp/thuntyan3/37167726.html
 に入れておきます。
 日本の医療費を抑える方法など、外国での手法を真似れば、いっぱいあるでしょう。例えば、医療費の一部を還付を後払いにするだけで、支出はかなり違って来るはずです。でも、日本の官僚がそれをやらないのは、自分たちの予算は減らしたくない、いざとなれば増税すれば何とかなる、増税のためにも、毎年の医療費の増大というのは、逆にいい口実になる、そんなことからでしょう。
 政治家の中には、時々、増税をすることに自らの政治生命を賭け、それを達成して満足している大馬鹿がいますが、それが大馬鹿な行為だと認識できないほど、今の日本は歪んでます。
 ・・・と偉そうに、チュンは思ってしまうのですが、どうでしょう。
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

「close」は、「近い」ですか・・・

3_1_31.jpg

 今週も、
「基礎英語1」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00000900&tcd
 から、やりましょう。
 今日は少し不確かな英語が、いくつか出て来ました。
poet詩人
closse近い
what'up?どうしたの?
bike自転車
 最近、自転車はバイクなんですね。
 本文に、
My restaurany is close.
 と出て来て、最初、チュンは「レストランは閉店している」と思ったんですが、訳は「私のレストランが近くにあるんだ」でした。close、閉店も同じ綴りなので、難しいですね・・・。
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
 は「Rock'n'Roll」の最初の視聴です。→意味はここ1つだったんですが、面白かったです。

 本日のブログ用は、
「提言考察」
http://homepage2.nifty.com/of-iko/sw/shaw.html
 に書いたものから、
「日本の優秀な官僚が、真剣に財政再建に取り組む体制を整えない限り、日本が財政再建に成功することはない」
 としておきましょう。
 以前、ココログに書いたものも含め、
控え
http://blogs.yahoo.co.jp/thuntyan3/37167726.html
 に入れておきます。

海外移住者は日本人か・・・

2_1_36.jpg

 今日も無事、
「基礎英語1」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00000900&tcd
 終わりました。今日は1週間のまとめでした。
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
 今日の仕上げは、Rakugo「The Horse's Tail」です。そして、今日は「The Peddler of Swaffham」の訳、。「The Prince and the Pauper6」のリスニングを行いました。

 本日も、
○大前研一著「日本の論点」(プレジデント社)
 という本を読みました。すると、そこには、日本は農業をするのには適した土地ではないので、
日本の農民は世界の農場経営者になるべきだ
 というのが、大前氏の持論として書いてありました。
 大前氏は「農業最適地」として、
ウクライナ、アルゼンチン、アメリカのカリフォルニア、アーカンソー、オーストラルアのビクトリア、中国東北州、タイ
 などを挙げてますが、・・・どうなんでしょう。日本から、そうして海外に移住し、そこで農場を経営する人を、果たして、日本人と呼んでいいのでしょうか。彼らが、例え、日本の農産物の取引をしたとしても、彼らが税金を納めるのは、それぞれの国であり、海外に渡った人々に日本への帰属を求めるなど、虫のいい話です。彼らは、ウクライナ人であり、アルゼンチン人であり、アメリカ人として考えるべきでしょう。
 それに「農場経営者」とは何故でしょう。現地の人を使って、その経営を行う、という意味でしょうか?日本人って、そんなに偉いのでしょうか。
 もう1つ、
「要するにTPPをやるということは、日本は『農業最適地から輸入する国になる』というこなのだ」
 とも書いてありました。それには、チュンも異議はありません。
 だとしたら、つまり農業がダメだとしたら、考えるべきは、なら日本は何で食べていくのか、ということですね。この日本は何で食べていくのか、という問題と、日本を出て海外に移住する人の話とは、チュンは混同すべきではない、と思います。別に、これから日本が海外に植民地を獲得しようとするのではないのですから。

それだよ!

10_1_14.jpg

 今日も、
「基礎英語1」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00000900&tcd
 です。・・・、
composer作曲家
 は知りませんでしたね。そして、相槌の、
それだよ!
 に、
That's it!
Exactly!
That's for sure!
 など、いっぱいあるんですね。これも知りませんでした。・・・だんだん難しくなって来たかな・・・。
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
 もやりましょう。
「Tsukiji Honganji」を仕上げで聞きます。Rakugo「The Horse's Tail」、
http://senjiyose.cocolog-nifty.com/fullface/2005/06/post_3200.html
 まで読みましたが、・・・やっぱりオチの意味、分かりませんね・・・。最後に「The Peddler of Swaffham」を聞きましたが、・・・全然、分かりません。

 今日は、母親の病院でした。
 今日は朝から、母親が騒いでいて、冷蔵庫を傾かせ、中に入っていたものが外に飛び出したりで、何度キレたか分かりません。
 そのくせ、肝心の病院に行く時間になると、寝ていて、起こすのに、一苦労しました。
 さらに、最近、毎日、洗濯をしているのですが、母親はデイサービスに行く前と、デイの先で、着ているものを全部、着替えますので、洗濯物の半分以上は、母親の服です。
 ううう、何故、ここに来てチュン、こんな状況に陥ってしまったのでしょう。今日は「天下国家」を語る余裕など、ありませんね・・・。

自己批判・・・

9_1_19.jpg

 今日も、
「基礎英語1」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00000900&tcd
 無事に終わりました。ドリルも満点でした。果たして、この状況、いつまで続くのでしょう。
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
 は「Time Cupsule」、泣きました。「Tsukiji Honganji」の訳をやります。最後、Rakugo「The Horse's Tail」を聞きます。・・・オチが分かりませんね・・・。

 さて、次は、
ブログ用
http://blogs.yahoo.co.jp/thuntyan3
 ですが、「キッカケ」にも書きましたように、ここまで、
「日露戦争物語」、
「国が燃える」
 という2冊の漫画に刺激され、2つの文章を掲載しましたが、果たして、チュンの言っていることは正しいのでしょうか?自分で自分を批判してみましょう。
→本当に明治期から昭和期に移行する時期に、日本の貧困度は増したのか?
→貧困度が増したとしても、それが官僚のせいだと言えるのか。関東大震災や世界恐慌など、単なる外的要因ではないのか?
→「強い政治」と言うが、今の政治家を見て、政治が強くなれば日本は変わるなんて言えるのか?
→今の日本は「官僚国家」と言うが、本当に「官僚国家」なのか。
→このまま「官僚国家」が進めば、日本は昭和初期のような貧乏な国になるとあるが、その根拠は何か。焚き付けているだけではないか。

 ・・・我ながら、突っ込みどころ、満載ですね。考えてみれば、前回の「チュンの首相公選制」も、突っ込みどころ、いっぱいあります。
 まあ、順次、考えていきましょう。

チュンの「首相l公選制」・・・

8_1_20.jpg

 今日も、
「基礎英語1」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00000900&tcd
 で、自分に自信をつけましょう。→ドリルがてきません。・・・。
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
 は「Time Cupsule」の訳から。→いいお話でした。これが分からない自分が、くやしい気もします。次は「Tsukiji Honganji」を聞きます。→・・・分かりません。

 今日も、
ブログ用
http://blogs.yahoo.co.jp/thuntyan3
 に考えます。
○チュンの考える首相公選制
・首相候補者は、あらかじめ閣僚名簿、所属議員名簿を明らかにした上で立候補する。
・首相公選制で得票率が1位の候補者が、首相に就任する。
・その際、得票率に応じ、所属議員名簿から国会議員を任命する。
例えば、ABCの3つの政党から、それぞれxyzの3人が立候補し、獲得票がxが60%、yが30%、zが10%、議員定数が100人ならば、
政党Aからは、議員60人。その中に閣僚を含む。
政党Bからは、議員30人。
政党Cからは、議員10人。
 で国会(衆議院)、内閣を構成する。
メリット
国民が直接、総理大臣を決めることができる。
あらかじめ、閣僚を決めておくことにより、その分野の専門家を育成できる。
注意
これによって、政党が特に工夫をしなければ、衆議院からは地域代表はいなくなる。
これによって、衆議院選の当落による人間ドラマは見られなくなる。

 転記しました。

「キッカケ」を修正・・・

2_1_35.jpg

 さあ、今週も、
「基礎英語1」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00000900&tcd=F0
 から。→OKです。
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
 も、
「Time Cupsule」
 を聞きます。→さっぱり、分かりませんでしたね・・・、

 英語の次は、
ブログ作り 
http://blogs.yahoo.co.jp/thuntyan3
 ですが、前回、
キッカケ
http://blogs.yahoo.co.jp/thuntyan3/37137102.html
 という文章を書きましたが、・・・これは、少し舌足らずですね。付け加えましょう。
「チュンは、軍部官僚の拡大路線に国民も乗っかり、満州、さらには中国本土へと攻め入ったのが、日本の昭和初期の時代だと考えています。軍部官僚の独走を前に、それを食い止めるはずの政治は、抵抗するどころか、とうとう死滅してしまいました。日本が戦争を早期に終結できなかったのも、集団無責任統治の官僚国家であったが故、とチュンは考えます。
 そして残念なことに、敗戦を経て、高度成長を経た、今に至っても、官僚国家は続いています。焼け跡のゼロからの復興期においては、官僚の拡大路線の弊害は、さほど表には出ませんでした。ところが、日本が低成長の時代を迎えた今、再び、官僚国家の弊害が顕著になって来ています。拡大路線の官僚が打ち出す「予算分捕りスローガン」に政治家までもが踊らされ、日本は再び、昭和初期の国民総貧乏の時代へと戻りつつあります。
 ここで敢えて結論を言うなら、日本に「強い政治」を作らない限り、日本は救われることはないでしょう。」
 ・・・これくらいですかね。付け加えておきます。

以前の日記を少しアレンジ・・・

7_1_23.jpg

 本日も、
「基礎英語1」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00000900&tcd=F0
 から。→無事、終わりました。
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
 まずは、Rakugo「The Thief's Act」を聞きます。→「The Ugly Duckling」の訳を考えました。→「The Prince and the Pauper5」を聞きました。さっぱりです。

 さて、それでは、チュンは前回、yahoo!ブログに、
「提言考察」
http://blogs.yahoo.co.jp/thuntyan3
 などと言うブログを作ってしまいましたので、それを考えましょう。
・キッカケ
 今回、チュンがこのブログを開設しようと思ったキッカケは、実は大したものではありません。チュンがたまたま寄ったネット喫茶で、2冊の漫画本を読んだからです。、
「日露戦争物語」、
「国が燃える」
 この2冊を読みながら、一番疑問に思ったのは、日本は明治の時代に、日清・日露の戦争に勝ったのに、さらには中国での権益も手に入れたのに、明治から昭和に時代が変わると、さらに国民は貧しくなっている、ということです。
 日清・日露戦争当時は、日本は世界の弱小国であり、そんな日本が列強に負けないために、日本人は血の滲む努力をして戦費をねん出し、何とか、それなりの軍事力を確保しました。ところが、それに勝利し、大陸への進出も進んだ昭和になって、どうして国民はさらに貧しくなってしまったのか。
 チュンは、そこに、進むことは知っていても、引くことを知らない、日本の官僚の姿が見えるような気がしたのですが、それは間違いでしょうか。
 チュンは、かつて。太平洋戦争の開戦・敗北を止められなかった、特に夏目漱石など明治の文豪に、こんな日本を作っておいて何が文豪だ、なんて文章を散々書きました。もし、ここでチュンが何かを書かなければ、批判して来た明治の文豪と同じになってしまいます。もちろん、ここに書くチュンの文章など、誰も読むことはないでしょう。だから、これは自分の心の整理と言いますか、自分の自分に向けての単なるアリバイ作りなのかもしれません。
 でも、チュンはそれでいいと思っています。チュンは、チュンの立場で、やれることをやりたいと思います。

 まあ、以前の日記からの抜粋ですが、こんか感じでブログ、進めたいと思います。

英語+

6_1_25.jpg

 本日も、
「基礎英語1」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00000900&tcd=F0
 から。
↑今日もドリルは全問正解でした。

 と今日も快調に「基礎英語1」をやりましたが、昨日、チュンの昔のメモ帳を見たら、
「チュンの世界進出。時事英語をやりながら、ニューヨークタイムズの社説を読む」
 などと書いてありました。「大言壮語」というのは、チュンのためにあるう言葉でしょうか。まあ、焦っても仕方ありませんし、今では「世界進出」の野望もありませんので、英語も楽しみながら、進めましょう。
 次は、
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
 まずは、昨日、訳をチェックした、
「Choshi」
 を聞きます。→やっぱスピードが速い気がしますね。慣れですかね・・・。
 次は、昨日の、
Rakugo「The Thief's Act」
 の訳に挑みます。
 次は新規。
「The Ugly Duckling」
 聞きました。・・・さっぱりです。
↑上記で英語は終わりましたので、ここで「提言考察」を考えましょう。
 今回、そのためのブログを用意します。やはりココログではいけません。yahoo!ブログにその場を作りましょう。
 「提言考察」の趣旨としては、
「日本を「官僚国家」から「国民国家」に変えるための提言を、チュンが地味~に考えます。」
 としておきましょう。
http://blogs.yahoo.co.jp/thuntyan3
 ブログだけ開設しました。次回から、ここへの書き込みも考えます。

笑えない、Rakugo・・・

5_1_26.jpg

 本日も、
「基礎英語1」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00000900&tcd=F0
 から始めましょう。

 looks amazingで「おいしそう」とあったのですが、「おいしい」でも「amazing」は使うんですね。

 次は、
「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」
https://www2.nhk.or.jp/gogaku/mygogaku/streaming/?spid=00001066&tcd=H1
 です。最初の、
「The Missed Movie」
 を昨日、確認しましたので、今一度、聞いてみましょう。→まあ、少し分からない部分もありますが、良しとしましょう。

 次は、昨日の、
「Choshi」
 の訳を考えてみます。→訳すと、結構、難しいです。何故、これが「シンプル」なのでしょう。

 そして、本日、初めて聞くのは、
Rakugo「The Thief's Act」
 だったのですが、・・・さっぱり意味が分かりませんので、・・・笑えません。

「エンジョイ・シンプル・イングリッシュ」
 は上記のリンクページを開けば、誰でも聞くことができます。興味のある人は、一度、聞いてみてください。・・・しかし、聞いても、これほど分からないのはチュンだけですかね。・・・一応、高校は卒業したんですがね・・・。
プロフィール

チュン

Author:チュン
チュンです。
チュンは、チュンちゃんを、こよなく愛する奴です。
ここで、いろんなことに取り組んでいきたいと思ってます。

カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
チュンカウンター
ブログランキング


にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

チュンのことをさらに知りたい方へ
<写真>をクリックしてください!